Visa Master Card JCB American Express Dinners Club  
|

会社概要

|

個人情報について

|

プレスリリース

|

Q&A

|

お問い合わせ

|

サイトマップ








(株)ヘルス・ウェーブ・ジャパン
公式サイト


・ビジネスモデル特許(国内外)
 申請中 実用新案取得
・高度管理医療機器等販売業・賃貸業
日本臨床衛生検査技師会賛助会員

・遠心分離機(セパロン)
 医療機器届出番号:
 27B2X00062000001

・在宅型自己採血血液検査キット
 医療機器承認番号:
 21700BZZ00291000

------- 関連リンク -------



専用の容器を使用して簡単に検査ができます。
抗原検査でより高精度な検査が可能になりました。


ヘリコバクター・ピロリの感染者数はは約6000万人と推計されています。
(日本での感染率若年者では10〜40%、40才以上では50〜80%)
また、胃潰瘍、一二指腸潰瘍、胃炎等の疾患に深く関っており、ピロリの存在により胃がんの発症リスクも3倍になるともいわれています。

早期に発見し除去することにより病気の発症リスクを軽減することが大切です。

検査の種類検査の流れ

検査の種類
検査材料
特長・症状
便中抗原検査
便
胃の中にいるピロリ菌は便中に排泄されるので、糞便中のヘリコバクター・ピロリ抗原を検出することによりピロリ菌の感染の有無がわかります。菌抗原を直接検出しますので偽陽性や偽陰性が少なくリアルタイムで菌の存在を知ることができます。陽性の場合には、病院でピロリ菌の除菌処理をすることにより、発症リスクを軽減することができます。
血液・尿中抗体検査
血液または尿
血液や尿を検査して、ピロリ菌に感染した人が持つ抗体の有無を調べます。
一般的で、もっとも簡単な検査方法の一つです。
ヒトはピロリ菌に感染すると、抵抗力として菌に対する抗体をつくります。
血液中や尿中などに存在するこの抗体の有無を調べる方法です。

※ピロリ菌の除菌処理後は、抗体価低下には時間が掛かるため陽性になる場合があります。


     ©2006 Health Wave Japan Inc. All Rights Reserved.